週2回の給食は、本園の調理室で作っています。お弁当箱に入れハンカチで包む形式を基本とし、お弁当の日も給食の日も差がないようにしています。
また、無農薬有機玄米や無農薬有機野菜を最大限使用(農家の都合などにより一部変更があります)、和食中心のメニューとなっています。アレルギーのある方もご相談ください。

こだわり食材1
*

国産へのこだわり

  • 米は無農薬有機玄米を契約農家から仕入れています。豆も低農薬有機野菜の厳選されたおいしい豆を契約農家から仕入れています。
  • 給食で使用している材料は宮城県産のものにこだわり、地産地消を心がけています。どうしても宮城県産のものでそろわないものでも、国産を使用しています。(但し、魚に関しては、稀に海外のものを使用していますが、産地がわからないものは使用しません)
  • 冷凍食品は使用せず、ハンバーグ・肉団子・唐揚げ・フライドポテトなどもすべて手作りしております。
  • 調味料は醤油とみりんと鰹節で作ったオリジナルの出汁醤油を使用しています。
こだわり食材2
こだわり食材3
*
米・野菜
旬穀菜館グループ
館主/真壁治平さん
生産者

皆様の健康を願って自家製有機肥料と炭の粉を活用して元気な作物を育てています。自分の子どもに食べさせる気持ちで作物を作り、より安全でおいしい食べ物の生産に取り組んでいます。


高橋 剛さん
富美子さん
生産者

大豆を生産しています。畑は、4月に牛の堆肥を1,000kg入れ、トラクターで耕起するところから始まります。6月に蒔種し10月に収穫、自然乾燥をさせることでおいしい大豆ができます。この豆は、味噌にしてもおいしくいただくことができます。